あおいっちの逆襲

あおいっちのついったーでは言えないはなし。

決戦の日

9時に起きた。ガス警報器の点検の人が10時頃来た。だるいなあと思っていたけど2分くらいで点検はすんだ。ごはんを食べてネットをして昼寝をした。

今日は僕の家庭教師としては決戦の日だった。いつも通り18時からの指導が終わったあとおばあ様とお話をした。まずは今派遣会社に払っている53000円から1万ひいた43000円を提示した。塾だともっと安いと言われたが的外れな指摘だなと思った。塾では自分である程度できる子でないと伸びない。生徒ひとりひとりに合わせた指導なんてできるわけがないし基本的には学校の授業のやり直しだ。1対1でしっかり管理するのはそれなりに金がかかるのだ。こっちには二度と仕事がもらえなくなるリスクがあるので4万は譲れないラインだった。

そんなわけで色々言われたあと40000円で決まった。何か月後かに値引きをされては困るので本当にギリギリだというのをアピールするために5月までは仕事がなくお金が足りないので月6000円で1時間4回の授業を春期講習として追加させてくれという条件をつけた。今思うと少しサービスしすぎたかもしれない。

とはいえ4月から時給は春期講習を除けば3333円となる。時給が1533円上がったのだから大成功だろう。高いお金をもらっているので指導はこれまでより真剣に取り組もうと思う。成果が上がらないことも考慮して最悪ただで授業を何コマかやることも考えなくては。

中3の生徒が高校からも指導を継続できる気あまりがしないので最悪4月に仕事がなくても月の収入は1万減るだけで済む。そんなことになってはいけないのだが。もっと仕事が欲しい。英語の勉強と並行して中学の数学ももっとやっておかねば。

中3の頃はハタチにもう一度数学をやり直すことになるとは想像もしていなかった。20歳の自分は15歳の自分より少しも賢くない。

 

ずる賢くはなったかもしれない。

https://i.ytimg.com/vi/7cSwUgPWvto/maxresdefault.jpg