あおいっちの逆襲

あおいっちのついったーでは言えないはなし。

何が楽しいんだ

最近自分が何が楽しいのかがわからなくなっている。今はフリーで食べていけるような英語の仕事が出来るようになりたいと思っていてそのために大学を出るまで英語を勉強することにしている。けどそのあとは?もしそういう仕事ができるようになったとしてどうなんだ。

自分は何が楽しいのだろうか。

小さいころ僕はゲームが好きだった。初めて買い与えられたのはポケットモンスタークリスタル。小学校に上がる前だっただろうか。ストーリーがあるということが理解できずに永遠と草むらのポケモンを倒していた。でも楽しかった。小3の頃当時ネット界では大流行(叔父談)していたFF11(オンラインゲーム)をニートの叔父がやっていたので叔父が家にいない間などにやらせてもらっていた。すごく楽しかった。世界がつながっているという感覚が面白かった。このひとつひとつのキャラクターの奥には人間の生活がある。そんなキャラクター達が町の噴水の前でごった返している。面白い。

中学の頃にはモンハンセカンドジー(であってたっけ?)が流行っていたのでPSPやら何やら揃えてみんなとやった。一人でも永遠とリオレウスのしっぽをひたすら切ったりして遊んでいた。楽しかった。それが確かゲームにのめり込んだ最後の記憶だ。

そのあとも恋愛ゲームに関してはTo heart2とかアマガミとかやったけど全部途中でやめている。一定時間過ぎるとこんなことしてる場合じゃないという風に思ってしまう。単純に飽きたという理由もあると思うけど、それだけじゃ説明がつかない。一つぐらい全部やり切ったゲームがあってもいいはずだ。

高校の時はパズドラなどのソシャゲが流行ったが一回試してすぐやめた。そのほかのソシャゲはまったくやったことがない。高校を出た後はシャドウバースを2か月くらいやった。もちろんやめた。

自分にとって楽しいことってなんだろう。高校に入ったくらいの時から何か義務感みたいなものが芽生えた。それが僕から楽しみを奪っていったんだろうか。寿命があと一か月だと今知らされたら自分は何をするんだろうか。

まあ何かを目指しているという今の状態が好きなだけかもしれないが、息苦しい。何か思い切り熱中できる趣味がほしい。。。。

たぶんそんな魅力的なものはないし、見つけたとしてもすぐ辞めるだろうけど。。。。

 

 

~人間が憎いのコーナー~

友達の家に行く途中にパチンコ屋があるのだがその入り口で焼き鳥屋さんがやっていた。焼き鳥には目がないので寄った。まずはお手並み拝見ということで皮のタレと塩一本ずつ頼んだ。合計で240円。小銭がなかったので野口を渡して品物とおつりを受け取った。店員はなんかカンジの悪い人だった(チョー失礼)。なんだか(学生....ホーン)って目で見られてる気がした。

コンビニバイトをしてた時、おつりをちょろまかして差分を懐にしまっている悪い先輩がいたのでそのことを知って以来、おつりを受け取るときは簡単な確認をするようにしている。

このときは千円出したので700円あればおっけーという計算を頭の中でした。さすがに十円が足りないだの一円足りないだのそこまで確認するのは面倒なのでしない。歩きながら手の中の小銭を確認した。500円玉1枚.....。百円玉は.....一枚もなかった。

 

 

 

 

 

 

なるほどね。

 

 

人間。

 

 

 

 

そういうこともするよね。

 

 

 

 

 

 

 

人間だもの。

 

 

 

代わりに十円が異様に多かった。暗くて見えにくかったがわずかな光でも百円と十円の違いくらい分かる。屋台から10歩くらい歩いた。今戻ってあれこれ言っても誤魔化されて終わりだろう。

に..................。

憎い......................。

 

人間も憎いが自分も憎かった。なんで目の前で確認しなかったんだろう。そういうことをしそうな人間だったじゃないか。

だが一々目の前で確認しないといけないのか。人は常にそういうものだと思って接しなければいけないのか。疑わねばならないのか。こういう一部の蛾みたいな連中のために。

こういう人間は少なからずいる。確実にいる。今月はそういう人間のせいで3度嫌な目にあった。その三度とも僕は何の文句も仕返しもしなかった。これではだめだ。社会にはもっと嫌な人間がたくさんいる。こんな赤の他人共になめられて嫌なことをされて文句の一つも言えないならこの先どんな奴に文句を言えるんだろう。仕事上の偉い人に自分の考えを主張するなんて夢のまた夢だ。

だから次。次何かそういうことがあったときは「バカ!」と言ってやろうと思っている。たった二文字だし急に嫌なことをされたときにもすぐ言える。伸ばして「バーカ!」でもいいだろう。二度と会うことない人だし。ちょっと抵抗の練習をさせてもらおう。

レッツレジスト!

 

 

 

 

 

 

焼き鳥は美味しかった。

 

 

f:id:nakaharakotatsu:20161226040322j:plain